買取前にお手入れが大事

毛皮製品は通常の衣類と違い、動物の皮に毛が植毛された状態のものです。そのため、普段毛皮のコートなどを使用した際にはお手入れが必要です。
まず毛皮のコートなど、毛皮製品を着用して帰宅したら、ホコリなどをしっかりと落とすようにしましょう。毛と毛の間にホコリがつきやすく、たった1回の着用でも多くのホコリをすっているのです。なので布団叩きのようなものでしっかりとホコリを落とします。ホコリが残っていると毛抜けの大きな原因となるので毎回実施するようにしたいものです。

もし汚れが付いてしまったときは濡れたタオルで汚れた毛の部分を毛並みに沿いながら拭き上げ、ハンガーに掛け自然乾燥します。雨などで濡れた場合は良く振って水分をはじき出した後、乾いたタオルでしっかりと拭き上げ自然乾燥させます。
また、コートを着たまま長時間座ったりすると毛癖が付いてしまいます。その場合は濡れたタオルで毛を湿らせ、毛並みに沿いながら金グシで毛並みを整えるようにします。当然毛皮は火に弱いので、ストーブのそばなどには決して近づけないようにします。

また、たばこやライターにも注意が必要です。毛皮を着ているときにはたばこを決して吸わないようにすることですね。そしてニオイにも注意です。
毛皮は臭いを吸収しやすいので香水やヘアスプレーが直接毛皮に当たらないようにする必要があります。さらにたばこの煙にも注意が必要です。このように毛皮製品は日頃のお手入れをしっかりしておくことで後々の買取価格に大きく影響してくるのです。