高額買取する為の保存方法

毛皮は、着用すればするほど、毛皮へのダメージが増えてきます。また、雨の日に外出すれば、なお傷みが激しくなります。ですのでフォーマルやおしゃれに着飾って外出するときなどにはしっかりと身に付けられるよう、普段のお手入れとともに保存方法にも気をつけなければなりません。

シーズンのはじめに一度着用し、次の着用まで保管する場合はホコリや汚れを確実に取っておく必要があります。そのままにしておくとしみやカビ、臭いの原因となるからです。もちろん、毛皮製品が本来もつ毛並みや光沢なども失われる恐れがあります。光のない通気性のよい場所でカバーを掛けてハンガーに吊した状態での保存方法がベストです。これでホコリと蛍光灯などの光を遮断することで変色や毛抜きなどを防ぎます。

それからカビや虫食い対策として温度、湿度にも気をつけておきたいものです。湿度は50%前後が理想的といわれています。温度も10度以下がよいとされているので、そのような環境を目安として保存方法を決めましょう。防虫剤を使用する場合は1種類のみに限定して使用します。化学変化によるシミなどの影響を防ぐためです。このように毛皮製品の保存方法にも気をつけていくことで処分する際の買取価格の査定がより高額での買取につながっていくのです。